FC2ブログ

2020-06

民生から産業用まで、映像技術に裏打ちされたビデオ会議の集大成「PCS-XGシリーズ」

 先進的かつ独創的な技術をベースに、総合電機メーカーとして数多くのユニークな製品を世に送り出してきたソニー。その実力はビデオ会議システムの分野でも遺憾なく発揮されており、国内メーカーの中ではトップシェアを誇っている。

 2009年度はこの分野で過去最高となる売り上げを計上し、その勢いは2010年に入っても続いているという。では、なぜソニーがビデオ会議システム市場で強いのか? その理由は、民生用の液晶テレビからデジタルカメラ、産業用ネットワークカメラに至るまで広範にわたる「映像技術の総合力」にあるようだ。

●HD化の進展で新たな需要が喚起される

 ソニービジネスソリューション バリュー・クリエイション部門 ソリューションマーケティング部 コミュニケーションプロダクツMK課 統括課長の中村隆昭氏は、ビデオ会議システムの需要の伸びについて「昨今の厳しい経済状況の中でもビデオ会議システムが堅調に伸びているのは、企業にとって経費削減という大きな目的があるから。危機管理面からも、出張せずにコミュニケーションが取れる手段になり得るITツールとして再認識されているが、ここ1年間でビデオ会議システムのハイビジョン(HD)化が進み、会議だけではない新たな需要が創出されている」と指摘する。

 HD化によって広がってきた用途の代表例として、文教や医療といった分野が挙げられる。今やビデオ会議システムは、大学での遠隔講義や大学間の研究共有手段として普通に使われるようになった。医療現場では、CT画像が鮮明に見えるため、手術の指針を決定する際のコミュニケーションツールにも利用されている。さらに製造業では、海外拠点との会議のみならず、実際の現場における品質管理への活用も始まっている。製造した基板上の電子部品の浮きやはんだ付け状態などを検討する際に、HD映像が利用されるケースも多くなってきた。

 特に同社において、新しいマーケットに対する期待感は大きい。製造プロセスの最適化を行うための監視ツールや自動車・家電製品のデザイン共有など、今後新しい利用シーンでソニーならではの映像技術が生かせるからだ。「テレビ会議システムがHD化されることで、高解像度による大画面化はもちろんのこと、色味の再現性、被写界深度の深さ、リアリティーの向上など、われわれがオーディオ・ビジュアル分野で培ってきたノウハウが大いに役立つようになった。このような周辺技術はどの企業にも負けないと自負している」と中村氏は強調する。さらに、同コミュニケーションプロダクツMK課 統括課長の武田有正氏も「自然の状態をありのままに伝えるオーディオ・ビジュアル技術だけでなく、産業用ネットワークカメラのように“見えないものを見えるようにする技術”にもたけている点が強み」とする。

●機能とコストのトータルバランスで導入できる「PCS-XGシリーズ」

 現在ソニーが市場に投入しているHDビデオ会議システムには、フラグシップ製品となるHDモデルの「PCS-XG80」(税込み価格110万円)とHDエントリーモデルの「PCS-XG55」(税込み価格73万円)の2製品がある。PCS-XG80の特徴は、業界標準のH.264映像圧縮方式に対応し、1080iモード(解像度1920×1080/60fps)という高精細のHD映像、高品質の音声を送受信できる点。PCS-XG80を対向で接続すれば、CIFモード(352×268)の約20倍の大画面で、最大60fpsという滑らかな映像を実現する。

 そのほか両者の違いは、映像・音声通信レート、多地点会議(MCU)機能のサポート、マイク入力の相違などだ。親機になるPCS-XG80と、子機のPCS-XG55を組み合わせることにより、最大6拠点(親機1台の場合)から10拠点(親機2台でカスケード接続する場合)のビデオ会議システムを、価格・機能面でのトータルバランスを考えながら導入できる。

 PCS-XGシリーズは機能的に共通する部分も多い。ここからは、共通機能を中心に紹介していく。映像面では、前述のようにソニーのお家芸ともいうべき映像技術の総合力が随所に取り入れられている。新開発の「ブライトフェイス機能」は、産業用ネットワークカメラの技術に通じる“見えないものを見えるようにする技術”の1つだ。逆光時の明暗差が大きい環境で画像の暗部を明るく補正すると、明部が白く飛んでしまう。そこで画素ごとにコントラストを最適化し、見えない部分を見せながら、全体としてもバランスよく見えるようにする。

 「プロジェクターを利用してプレゼンテーションなどを行う場合、プレゼン画面は見えても発言者の顔が見えないといったことがよくある。またディスカッションで顔が見えず、誰が発言したかよく分からないこともあるだろう。そのようなシチュエーションで映像全体を調整して、顔も画面も見えるようにする有用な機能だ」(中村氏)

●空間コミュニケーションの在り方を変えるビデオアノテーション

 プレゼンテーションに役立つ機能は、ほかにも幾つか用意されている。例えば、安価なペンタブレットを利用し、画面上にマーキングやポインティングが可能な「ビデオアノテーション機能」。ビデオアノテーションは、PC画面やカメラ映像の上で、話者が双方向で自由に書き込みできるというもので、ビデオ会議の空間コミュニケーションの用途をさらに広げるユニークな機能である。図面にマーキングを付けながら検討した部分を、静止画像・動画像として同社のメモリースティック(Memory Stick)に保存することもできるという。

 武田氏は「長年この仕事に携わってきたが、ビデオアノテーションは特に画期的だと考えている。従来のビデオ会議システムでは、相手の空間にあるものを直接指し示すことが難しかった。この機能を使えば、相手に向かって『これは何ですか? これはどこに置きますか?』というように対象物を明示しながら、スムーズにコミュニケーションが取れる」と説明する。

 もう1つ、プレゼンテーションにかかわる独自技術として挙げられるのが、H.239のデュアルストリームによる「データソリューション機能」。これは、HD映像(1280×720/30fps)とPC画面(1024×768:XGA/30fps)を同時に送受信する技術である。会議のHD映像に加えて、プレゼンテーション時に利用される動画なども滑らかに再生してくれる。他社製品では現状数フレーム程度でしか再現できていないというが、本機能では最大30fpsまで対応できる。これにより、Web製作会社が作成したFlashアニメーションの動作を、ビデオ会議によってチェックするといった使い方も可能になる。

●PCSシリーズのインテリジェントQoS

 PCSシリーズには、画面の乱れや音切れを防ぎ、安定した通信品質とユーザーの体感品質を高める工夫もなされている。それが「インテリジェントQoS機能」だ。

 具体的には、通信データを送受信する際に、

1. 損失したパケットを再送する
2. 冗長パケットによって損失部を回復させる
3. 誤った順序で到達したパケットを正しく戻す
4. ネットワークの混み具合に応じて通信レートを制御する

といった通信制御が可能である。これら4つの機能をネットワークのコンディションに応じて組み合わせながら、通信の最適化を実施するハイブリッド型のQoS機能は、他社製品にない大きな特徴といえる。

●導入・設定・操作にもソニーならではのアイデアが

 PCS-XGシリーズには、導入・設定・操作面でも同社ならではのさまざまなアイデアが盛り込まれている。導入・セッティングで特筆すべき点は、「デュアルネットワークインタフェース」だろう。これは、LANとWANが混在するような多地点会議でのセッティングが容易に行える機能である。PCS-XG80でのみサポートされている。

 通常のビデオ会議システムでは、ネットワークインタフェースは1つのみ用意されていることが多い。それに対してPCS-XG80では、2つのネットワークインタフェースにそれぞれプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを設定することで、ケーブルの抜き差しや設定変更の必要なく社内および社外の拠点間を簡単に接続できる。つまり、本社と支社、さらにWANで結ばれた社外の取引先との間でシームレスにテレビ会議が行えるようになるのだ。

 また、操作面での工夫としてRF(Radio Frequency)方式のリモコンを採用している点もユニークだ。赤外線リモコンは指向性があるため、通常は受光部に向かってリモコンを向けて操作することが多い。PCS-XGシリーズのリモコンはRF方式であるため、半径5メートルの範囲ならばどこに向けても操作できる。また、細かくは操作ボタンの配置にも強いこだわりがある。頻繁に利用する「マイクオフ」ボタンはリモコン本体の下にあり、大きなボタンで簡単に消音できる配慮がなされている。プレゼンテーション用ボタンも左上に用意されている。こうしたボタンの導入・配置には、20数年にわたり培ってきた映像機器関連のノウハウが生かされているという。

●混在環境や異速度に対応するビデオ会議多地点接続用サーバ

 複数の拠点を簡単かつ安定して接続できるビデオ会議多地点接続用サーバとして、「PCS-VCSシリーズ」が2010年春に発売された。PCS-XG80では、内蔵MCU(Multi point Control Unit)機能により最大10拠点までに対応できるが、さらに拠点を増したい場合にはPCS-VCSシリーズを利用する。最大500拠点の同時接続(単画面切り替え表示)をサポートし、16分割までの画面表示を選択可能。HD端末からSD端末までの混在接続や異速度通信にも対応する。

 利用法としては、サーバ内にバーチャル会議室を作り予約や自動コールができるほか、H.323ゲートキーパー機能(共有アドレス帳)により、IPアドレスを意識することなく接続拠点や会議室名、電話番号などをキーにして呼び出せる。

 このように、ソニーのビデオ会議システムからは、細部にわたる機能まで総合電機メーカーとしての意気込みが伝わってくる。ただし、これまではどちらかというと端末装置の展開が中心であったという。そこで最近では、多地点接続サーバなどにも注力している状況だ。武田氏は「ユニファイドコミュニケーションの観点からビデオ会議システムを考えると、いかに簡単に使え、かつ安定して映像を届けられるかがポイントになるだろう。ビジネス用途では途中で映像が切れてしまうことは許されない。その上で、医療・文教・一般企業など、さまざまな利用シーンに合わせる形で独自機能を付加していき、各分野で有効利用できるラインアップを幅広く提供することが今後の課題になる」と話す。

 いかに見る相手に対して最適な映像・音声を提供するか――。これがソニーの「フロンティア精神の原点」につながる、ビデオ会議システムのコンセプトといえるだろう。

引用元:Yahoo!JAPANニュース

«  | ホーム |  »

Google のウェブサイト翻訳ツール

ツイッター

twitter

yahoo-tracks-widget ヤフーログール

最新記事

カテゴリ

未分類 (581)
ソフトウェア (5)
ダイエット (593)
SEOカテゴリ1 (2)
SEOカテゴリ2 (1)
SEOカテゴリ3 (1)
おそうじ裏技 (1)
アフィリエイト (0)
寄騎 (0)
御用だ!御用だ!キャンペーン (0)
とっても チャンス! (0)
無料フリー (0)
(ヨリキ) 寄騎 よりき (1)

RoboForm

ロボフォーム: パスワード管理, フォーム記入, パスワード生成, 自動ログイン

RoboForm: Learn more...アフィリエイター必需品です。無料配布中です!

無料でロボフォームをダウンロードしよう!

RSSプラス

RSSリンク

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス

ブックマークプラス

ブックマーク数が増えると被リンクが増えるため、SEO対策に効果的です!

Yahooボットチェッカー

検索エンジンの巡回確認ツール「ボットチェッカー」 「ボットチェッカー」はYahoo!やGoogle、 MSNの検索ボットがあなたのサイトに来た日付を表示できる無料サービスです。 あなたのサイトやブログのアドレスを入力してボットチェッカーのタグを生成し、 あなたのサイトに張っておくだけで(ページの最下部にあるバナーが実際のサンプルです)、 Yahoo!やGoogle、MSNの検索ボットの更新日を簡単に知ることができます (更新日は検索エンジンのキャッシュ時間に基づいています)。 Yahoo!、Google、MSNの3種類のボットチェッカーを用意していますから、 1つ、または複数のボットチェッカーをあなたのサイトに設置し、 気軽に使える無料サービス、 SEO支援ツールとしてご利用ください! 【お知らせ】Botcheckerのサーバー負荷が限界に達しつつあるため、 別サーバーでバージョンアップしたサイトを立ち上げサービス提供しています。 Yahoo!ボットチェッカー Yahoo!のボットチェッカーです。 Googleボットチェッカー Googleのボットチェッカーです。 MSNボットチェッカー MSNのボットチェッカーです。 Site Menu ボットチェッカー お問合せ Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー ダイエット - ダイエット食品・ダイエット商品 車の買い取りサービス - 車買取サービス

MSNボットチェッカー

Msnボットチェッカー powered by  MSN Japan Bot チェッカー

Googleボットチェッカー

QLOOKアクセス解析

QLOOKアクセス解析

infocart

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

flagcounter

free counters